本のパワースポットで癒やしやヒーリング効果のある場所を、紹介させていただきたいと思います。


今回ご紹介いたしますのは、東京都渋谷区にある

明治神宮です。


の明治神宮は、龍穴と呼ばれる位置に有り特に強いパワースポットとなっているようです。


更に明治神宮の中に更に強く力が湧き出てるところが4つ有り、縁にまつわる問題を解決してくれる2つのゾーンと浄化の効果がある2つのゾーンが有ります。

詳しい場所は、と申しますと、大鳥居~三の鳥居、夫婦楠~拝殿前が縁にまつわるゾーンとなっております。


大鳥居をくぐってすぐ右側にある大きな樹齢1500年のヒノキがいやし効果を強く放っているようです。

1,500年もの間日本を見守り続けたヒノキ、確かにすごい力を持っていそうです。

次に夫婦ですが、家内安全の象徴とされており、夫婦楠の間から拝殿に向かうラインに、強い「良縁のエネルギー」が流れています。

なお、結婚につながる良縁を深めたい人は、拝殿で参拝後、再度夫婦楠付近から拝殿に向かい参拝をすると良いそうです。


ただ夫婦楠は、神聖なご神木ですので、お手は、触れないよう気をつけてください。


以上がにまつわるゾーンのお話でした。

次に浄化効果のゾーンですが、これまた2つあるようです。

少々遠いのですが、社殿の奥1.5kmほど言ったところにある宝物殿がお勧めです。

なぜかといえば、先の2つとは違いこの宝物殿から、放たれるパワーは、自分の意志をはっきり、未来への道を開拓する力をいただけるそうです。

宝物殿前には、芝生の広場があり、そこで寝っ転がり大地のパワーを吸収なんて事もできるみたいです。

広い大地に(パワースポットという付加価値付き)身を投げ出し、これからの自分と見つめ合うなんというのも、いいと思います。

「元から、やりたいことがあるが迷っている。」「これからどうしたらいいのかわからない。」などの考えに苛まれた時、ここに行くと何かヒントが貰えるかもしれません。

ちなみに芝生の広場にある、北池手前の亀石というのも、近づくだけで体が温まるようなパワーを放ってるらしいです。

さて最後のゾーンです。

明治神宮の御苑です。入苑料がかかってしまいますが、中には、花菖蒲が植えられており、6月にそれは綺麗に咲くそうです。

もうその時期は、過ぎてしまっておりますが、その他にも、清正井(きよまさのいど)という場所もあり、宝物殿と同じ力をもらえるようです。

ただ注意していただきたいのが、その正井”

陰呼(陰陽がはっきりと出る)という作りで、夕方以降や雨の日は、悪い気をもらいやすいので、要注意でお願いします。


今回は、ひとつの場所のみPICK UPいたしましたが、日本のパワースポットは、一つだけではありませんので、自分で合いそうな場所を探して足を運んでみるのもいいかもしれません。